冬は汗の量が増える!夏よりも冬のほうが手汗がでる理由

冬は汗の量が増える!夏よりも冬のほうが手汗がでる理由

夏は気温が高いので、体温調節のために自然に汗をかきますが、実は冬でも汗をかきやすい状況があります。屋外と屋内の気温差が激しい冬は、他の季節とは違った汗対策が必要になります。

 

冬は空気が乾燥して体調を崩しやすい季節でもありますので、体調管理にも気をつけて汗対策を行いましょう。

外温度の変化と体温調節

冬は防寒のためにセーターやコートなどで厚着をしますが、室内は暖房が十分にきいているため、屋外と屋内の気温差が激しく、部屋の中に入ったとたんに汗をかくということが多いものです。

 

人が多く集まる場所では、快適な温度に調整することができませんから、重ね着など脱いだり着たりしやすい服装で調節すると良いでしょう。

 

また、夏より冬のほうが手のひらや足の裏に汗をかく場合は、体温調節機能がうまく働かないことによる冷え性の可能性があります。このような場合は、乾布摩擦や湯船でマッサージをして、血行を促進することで改善されることがあります。

冬のほうが代謝が活発になる

夏のほうがエネルギーを消費する代謝が高いように感じますが、実は夏よりも冬のほうが基礎代謝が高くなっていることが知られています。これは、冬のほうが気温が低いため、体温の低下を防ごうと体内でエネルギーが使われるためです。

 

代謝が高い状態は交感神経が優位になっており、汗をかきやすい状態だと言えますから寒い屋外ではあまり汗をかかなくても、温かい室内に入ると、夏よりも汗をかくように感じることがあるかもしれません。

自律神経の異常によるもの

冬はどうしても体を動かすのがおっくうになり、運動不足になりがちです。すると筋肉が衰えて体が冷えやすくなり、体を温めるために常に交感神経が優位な状態になります。

 

また、冬は日照時間が短いため、太陽の光を浴びる機会が少なくなります。太陽の光による刺激と自律神経は大きく関わりがあるので、日照時間の短い冬は交感神経と副交感神経のバランスが崩れやすくなります。

 

このように、冬は発汗を調節する自律神経が乱れやすいので、発汗調節にも異常が出やすいと考えられます。冬でも適度に体を動かしたり、ゆっくりお風呂につかる時間を設けて副交感神経を優位にさせるなどして、自律神経のバランスをとりましょう。

まとめ

気温の低い冬は汗をかきにくいと思われがちですが、屋外と屋内の気温差などで意外と汗をかくことが多いものです。また、冬は発汗を調節する自律神経のバランスが崩れやすいので、思わぬ場面で汗をたくさんかくなどの現象が起きやすくなりますから、体温調節のしやすい服装や、適度な運動などで、自律神経のバランスをとりましょう。

 

| 手汗を止める方法ギフト TOPへ戻る |