もしかして多汗症?手から異常に汗がでるのは何かの病気?

もしかして多汗症?手から異常に汗がでるのは何かの病気?

他の人はそうでもないのに、自分だけ手汗をたくさんかいていると、何かの病気ではないかと心配になってしまいますね。

 

汗に関する病気として多汗症というものがありますが、もし病気であっても病院を受診すれば治療することができますから、汗が出る状況やその他の症状について確認してみましょう。

多汗症ってどんな状態?

医療分野において多汗症とは、体温調節のための発汗以上に汗をかき、日常生活に支障をきたす状態を指します。汗をかく量としては、皮膚が湿っぽい程度から、滴りおちるほど汗をかく状態まで様々で、素人にはなかなか判断することができません。

 

多汗症と汗かきの人の違いとしては、汗かきの人が運動した後や気温が高い環境にいるときなど体温調節が必要な状況で汗をかくのに対して、多汗症の人は、体温調整とは関係なく大量に汗をかくことが特徴です。

多汗症の原因と主な症状

汗をかくという機能は、自律神経の一つである交感神経によって制御されていますが、多汗症の人は交感神経による発汗の調節がうまくいかず、必要以上に汗を分泌してしまう状態です。

 

多汗症について、はっきりとした原因は解明されていませんが、ストレスや不安のために交感神経が過敏になったり、自律神経失調症で、交感神経と副交感神経の調節がうまくいかないことが原因ではないかと言われています。

 

多汗症には全身に汗をかく全身多汗症と、体の一部分のみに多量の汗をかく局所多汗症がありますが、手のひらやワキの下などだけに汗をかく局所多汗症はストレスなど精神的なものが原因であることが多いと言われいます。

 

多汗症は皮膚科で治療することができますが、精神性のものであれば、精神科や心療内科を受診したほうがよい場合もあります。

多汗症を伴う他の病気について

多汗症は単なる汗かきではなく、他の病気の症状の一部である場合があります。例えば甲状腺ホルモンの異常であるパセドウ病では、新陳代謝を活発にする働きがある甲状腺ホルモンが過剰に分泌されるため、大量に汗をかいたり、動悸が激しくなるなどの症状がみられます。

 

また、糖尿病で高血糖状態が続くと、血管や神経がダメージを受けて、自律神経に異常が発生し、汗の量が極端に変化することがあります。特に食事中に顔や頭から大量に発汗するのは、糖尿病の初期症状と言われています。

 

このほかにも女性ホルモンには汗腺を調節する機能があるので、女性ホルモンが急激に減少する更年期や、ホルモンバランスが変化する出産直後は発汗が増えることがあります。

 

このように異常に汗をかく状態以外にも症状がみられる場合は、他の病気の可能性もありますので、医療機関を受診しましょう。

まとめ

汗には体温調節や皮膚表面の保護などの役割がありますが、これらの機能を超えて日常生活に支障をきたすほど大量に発汗する状態を多汗症といいます。

 

多汗症には全身から発汗するものや手のひらなど一部分のみの局所的なものがあり、原因には神経の機能的な異常のほか、精神的なものが関係していることもあり、素人には判別がつきにくいものです。

 

異常に汗をかく場合は、他の病気が隠れている場合もありますので、医療機関に相談するのがよいでしょう。

 

| 手汗を止める方法ギフト TOPへ戻る |