運転中だから気になる!汗でハンドルが滑らないようにする方法

運転中だから気になる!汗でハンドルが滑らないようにする方法

車の運転中は、ハンドルを握りっぱなしになりますから、汗かきの人でなくても手に汗をかきやすい状況です。べたべたして気持ち悪いと運転に集中できませんし、ハンドルが滑って運転がしにくくなっては危険ですね。

 

運転の邪魔をする手汗の問題を、手軽に解消できる方法について調べてみました。

エアコンの送風口に手をかざす

手がベタつくのが気になる程度ならば、ハンドル横のエアコンの吹き出し口に手をかざし、汗を乾かしながら運転をするのはよく知られた方法です。外気温はそれほど高くなくても、車の中はすぐに暑くなってしまいますから、気温が高くなり始める時期は、早目にエアコンで対策を行いましょう。

 

また、運転中に緊張していることが原因ならば、好きな音楽やラジオを流してリラックスすることも有効でしょう。これらの対処は、特に汗対策グッズを用意する必要もないので、簡単に実践することができます。

運転用手袋ですべり防止

手が湿っぽくなるだけでなく、手が汗の水滴で光っているのが分かるくらい手汗をかく場合は、事前に手汗対策を準備しておきましょう。最も効果的なのは、運転用の手袋をすることです。

 

コットン素材のものなら、手触りが優しく、汗をよく吸収してくれて洗濯も簡単なのでおすすめです。運転中は意外と腕が日焼けしやすいので、紫外線対策としても使用できます。

 

より滑りにくいものとして、テニス用やゴルフ用のものを使用する人も多いようです。

制汗剤で事前に対策を

運転するたびにいちいち手袋をはめるのは面倒、手袋のゴワゴワした感じが苦手という人は、制汗剤を利用すると良いでしょう。ドラッグストアなどでたくさん販売されているパウダー入り制汗剤は、効果は一時的ですが、汗で手がベタついたときに手をサラサラにしてくれます。

 

ただ、ガスが充填された制汗スプレーは、炎天下の車内など高温になる場所に長時間放置していると、爆発する危険があるので注意しましょう。長時間運転する場合は、事前にアルミニウム塩など強力な収れん剤が配合された制汗剤を塗っておくとよいでしょう。

まとめ

運転に支障をきたす手汗は、ハンドルや手がベタついて不快に感じるだけでなく、操作を誤って事故を起こす危険がありますから、手袋や制汗剤を利用して対処することができます。

 

これらの汗対策グッズが無い場合は、エアコンの送風口に手をかざすことでも緊急的に対処できますから、焦らず対処して安全運転を心がけましょう。

 

| 手汗を止める方法ギフト TOPへ戻る |