好きな人と手を繋なげない!手汗が多い女性はどうしたらいい?

好きな人と手を繋なげない!手汗が多い女性はどうしたらいい?

好きな人と手を繋ぐときに気になるのが、手汗で手がベタつくことではないでしょうか。手汗を根本的に解決するには、手術という方法がありますが、日帰りで完了する短時間の手術とはいえ、すぐに実践というわけにはいかない場合が多いでしょう。

 

そこで、好きな人と手を繋ぐ場合に気になる手汗について、手軽に実践できる対策を調べてみました。

お互い様だと思って気にしない

手汗をかくのは、緊張や不安によるものであることが多いのですが、好きな人と手を繋ぐときは、普段あまり汗をかかない人でも、ドキドキして手汗をかきやすいものです。

 

そして緊張しているのは自分だけでなく相手も同様かもしれません。そんなときは、実はお互いに汗をかいているものですから、お互い様だと思ってそのまま手を繋いでしまいましょう。

 

また、手汗をかいていることで、緊張が開いてに伝わり、緊張しながらも手を繋いでくれようとする姿勢に好感を持ってくれるかもしれません。

 

相手を驚かせたくないなら、自分は汗かきだから、ということを勇気を出して先に伝えておけば、相手も手汗のことを受け入れた上で手を繋いでくれるはずです。

どうしても手汗が気になるなら

人によっては、手汗を気にする人もいるかもしれません。また、自分のほうも手汗が気になって、手をつなぐタイミングを逃してしまう恐れがあります。

 

手汗を抑えるには、まず緊張を緩和することが大切です。深呼吸したり、精神を落ち着かせる効果があるツボを押して、緊張をほぐしましょう。手のひらのちょうど真ん中にある労宮(ろうきゅう)と呼ばれるツボにはリラックス効果があることが知られています。

 

また、急に出てくる手汗が気になるなら、携帯型のスプレーボトルにミョウバン水を入れて持ち歩き、トイレなどでささっとスプレーしておくと、一時的に汗を止めることができます。

 

汗によるベタつきが気になるときは、汗を拭いた後にパウダー配合の制汗スプレーを使えば、さらりとした手触りをしばらく維持することができますから、その間にさっと手を繋いでしまいましょう。

まとめ

手汗が多い人にとって、好きな人と手を繋ぐときはベタベタして相手を不快に感じさせないか、とても気になると思います。しかし、初めて手を繋ぐときは、自分だけでなく相手も緊張しているものですから、汗をかいているのはお互いさまだと思って、あまり気にせず手を繋いでしまいましょう。

 

どうしても気になるようなら、一時的な効果ですが、制汗剤を使うと手をサラサラの質感にすることができますから、携帯用の制汗剤を持ち歩いておくと便利です。

 

| 手汗を止める方法ギフト TOPへ戻る |